inf.(メインブログ)note

*今後の予定*
2019/12/17 19:00~ WAY WAVEイベ@川崎

TIF一日目振り返り

自分のツイートを見ながら雑に振り返る更新です。

 

朝はバスで向かったのでダイヤの若干の遅れによってラジオ体操は見れず。

ラジオ体操はニコ生で音源流れないからみたい気持ちはあったんですけど。

スマイルガーデンのところのリストバンド引き換えは割とすぐできました。

ももクロの佐々木さんは出囃子がももクロのやつでちょっと残念。

専用の出囃子あった気がするんだけど。聞きたかった。

その分だってあーりんなんだもんとあーりんは反抗期聞けてよかった。

今本人的にあの頃の歌を歌うのってどんな気持ちなんでしょうね。

アイドリング!!!は本人たちも言ってましたが、

リンガーがTシャツまだ持ってたのが本当にすごい。勲章に近い。

意外と聞いてもタイトルが思い出せない曲はほぼなかったというか、

あぁ、なんだかんだ言ってアイドリング!!!の曲は忘れてなかったなと。

朝日奈央さんがアイドリング!!!として歌い踊っている姿を見たのが

一番「懐かしいな」と感じました。今の売れ方を見ていて。

HKTは次のBEYOOOOONDSまで抜けるのもあれだから聞いてましたが、

君のことが好きやけんはまだしもカチューシャはねぇ…

スマイルガーデン用だとは思うのですがAKBの過去曲遺産使う必要ある?

もっと堂々とオリジナルの持ち歌歌えばいいのにと思いました。

BEYOOOONDSは眼鏡の男の子をスマイルガーデンで披露しないという。

しかもFiestaと泡沫やってるし。いくらオリジナルがまだ少ないとはいえ、

スマイルガーデンの出番を埋めるだけの曲は持ってるのでは。

もうちょっとへんてこな部分に関してウケるかな?と予想していましたが

思った以上にリアクションできる範疇を超えていたようで。

 

ここで一旦ダイバーシティで軽く休憩して。

 

知人と合流してホットステージに移動。

原駅ステージAは初めて見ましたが悪くはなかったですよ。

SPEEDの後輩に当たるらしくBody&Soulをカバーしてました。

今チェックしたらYouTubeはMVショート公開かぁ…。

Spotifyでもほとんどヒットしないし…楽曲から入る身としては

こういうところ重要なんだよなぁ…。うーん、残念。

つばきファクトリーは割と曲をやる主義でMCは短くぱっと。

噂の新曲は今までのつばき曲と比べるとうーむという感じですが、

出番全体としては楽しめました。小野瑞歩さんかわいい。

 

ここでお昼ごはん。焼肉屋さんだったのもあってちゃんと休めた上に

がっつり食べられたのはデカかった。振り返ってもナイス判断でした。

 

ホットステージに戻ってリリスク。やっぱりライブ行けばそれなりに楽しめるのに

なんで単独のライブとかに行こうっていうふうにならないんだろうか。

ということをツイートしたらメンバーからいいねがついて、

恐ろしい世界だなと思いました。言いたいことは鍵アカでいうしかないのか。

ドリームステージに移動してBEYOOOOONDS。シングル3曲とアツイ。

眼鏡の男の子こっちでやったかー。スマイルガーデンのほうが客多いし

良かったんじゃないかなーと個人的には思ったんですけど。

スマイルガーデンに移動してBerryz工房スッペシャルステージ。

最初にピンクレでトーキョーやったの謎すぎてすごかった。

誰が言い出したのかわからないけど多分それを見たくて

集まってるんじゃないと思うよ。ベリ曲を待ってるんだと思うよ。

佐保さんが喋ったときにあぁ!の話が出て高まりました。

忘れてなかったんだ!黒歴史じゃないけど忘れられてたと思ってたよ。

 

ここで上島珈琲にて休憩。マックとかは別として、

ダイバーシティのカフェで一番座れる率が高いのは上島珈琲だと思う。

 

ドリームステージに戻ってつばき。新曲以外はホットステージと

全部セットリスト変えてきたはず。素晴らしいと思う。

両方見に行ってよかったっていうことになるからね。

私がオバさんになってもは2周して楽しかった。

某曲で小野さんが歌をしくった感じがしたけど気のせい?

ホットステージでイコラブの途中から。

ヲタの盛り上がり方がハロプロとぜんぜん違うなと思ったけど、

それ以上に「これってAKBと曲的になにか違うの?」みたいな感じで。

一応指原さんが作詞してるみたいですけど、こんなに曲の感じが

AKBと変わらないと逆に清々しいのかもしれない。

手遅れCautionとか初期劇場曲みたいだなって思いました。

夢アドは志田さん不在という状況でしたがそこまで気にならなかったのは

大したもんだなと思いました。ハロヲタ多めの環境ではありましたが

跳ね返すいいパフォーマンスを見せてくれたと感じました。

アンジュルムはトリにふさわしい圧倒的なパフォーマンス(贔屓込み)。

こちらも和田さんが抜けてのステージでしたが問題なく成り立ってたし。

船木さんの歌唱カバーもちゃんとできてたと思います。

素直に明日のロッキンが楽しみになるような内容でした。

 

というわけでざっと振り返ったら2000字になったのでここまで。

明日に向けてしっかりと休めます。