inf.(メインブログ)

*今後の予定*
2018/11/23 18:30~ アンジュコン@桜木町
2018/12/16 17:00~ 飯窪卒コン@九段下
2018/12/31 16:00~ ハロカウコン@中野
2018/12/31 23:00~ ハロカウコン@中野

おバカキャラとしてテレビに出るのは容易ではないという話

きっかけは、ツイッターでとあるフォロワーさんが某御方を「おバカキャラとして売りだせばいいのに」といった意見をつぶやいていたところから。
そのフォロワーさんはなんの罪もないのですが、たぶん難しいだろうなと思ったのです。
岡井さんがおバカキャラなのかは微妙なところでもあるのですが、里田さんとか岡井さんとか、ハロプロの中ではそこまで突き抜けておバカでもないはずです。
でも、ただ勉強や知識がないだけではおバカキャラとしてテレビには出られないのです。
まず、番組の進行や思惑を悪い意味で崩してしまう言動をしないこと。そして、突っ込みきれないバカ具合でないこと。さらにはバットを振ることを怖がらないこと。
真ん中に関してはツッコミの技量にもよるところが大きいので明確に言い切れないのが辛いところですが。
代表的な番組としてめちゃイケ期末テストとクイズヘキサゴン?を取り上げます。
めちゃイケ期末テストはおそらくスタッフ総出で時間をかけてツッコミを考えます。なのである程度のクオリティには耐えられます。
ヘキサゴンに関しては島田紳助を中心とする出演陣で行いますが最終的なツッコミは島田紳助で行うことになります。
島田紳助以外の出演者は「ガヤツッコミ」ともいうべき、ありきたりだったりわーわーの域をなかなか出ないツッコミが多いので、島田紳助が最後にビシっと落とす必要があります。
めちゃイケではバカ女として大いに突っ込まれまくった辻さんですが、ヘキサゴンではWikipediaだと1年半しか出ていません。
正確でない可能性もありますが、ヘキサゴンではずっといるイメージはないのではないでしょうか。
ヘキサゴンでも辻さんは徐々に持て余し始めたのではないか、というのがおいらの憶測です。
例えばハロプロやAKBといった中でとびっきりのおバカというのはもはやテレビでは処理できないと考えたほうがいいと思います。
個人的にはアイドルにおバカキャラとして振る舞ってもらうのはもう飽きてきてるんですけどテレビは人を変えればいけるって思ってるんだろうなぁ。