inf.(メインブログ)note

*今後の予定*
2019/11/04 18:30~ アンジュコン@桜木町
2019/12/04 18:30~ J=Jコン@原宿

バクマン。

ここで映画カテゴリで書くのはいつぶりだろうと思って見返してみたらまさかの今日地上波放送のある思い出のマーニーでした。
というわけで、ウィークエンドシャッフルを数年前から聴き始めて最近聴くのをやめたsatorareです。
…無駄に何かを敵に回しましたか?
 
さて、はてなダイアリーは続きを読む機能が若干弱めというか、記事単位で見ると機能しなくなる問題がありまして。
直ったのかな?直ってないかな?はてなブログにしたらマシになるのかな?
一応だんだんとネタバレを含めた感じに進んでいく予定ですのでネタバレ回避したいという方は今すぐdボタンを押してください。
特になにも起きないかdと入力されただけだと思います。
…はてダで情報以外の文章を書くことが久々すぎてどういうタッチで書いてたか忘れてますね。
 
原作も知らないし佐藤健さんがちゃんと出てる作品も見てないし神木隆之介さんに至っては初めての作品が大日本人だったので正しかったのか若干疑問は残りますが面白かった!と言って信じてもらえるんですかね?
週刊少年ジャンプ連載を目指す高校生コンビの話なんですが、どこかこの映画自体がジャンプ的(ジャンプをよく知らないのであくまでこの映画で説明されているジャンプ観)というか、そういうとこまで狙ってる印象を受けました。
この映画も割と嫌いな人が少なく多くの人に楽しんで貰えそうな感じとか。
サブキャラのキャスティングが素晴らしくマッチしているのも特徴で、だからこそメインの二人のマッチ具合が若干微妙という気も。近藤真彦さんはこの際頭から一旦外してください。
じゃぁ誰だったらピンときたんだって言われると難しいんですけど、一部で言われている「逆」とは思わなかったですね。
 
さて、ではここからはネタバレを徐々に入れていきます。
ヒロインの子、渇きで出ていた子みたいなんですけどおいらは見ていないので純粋に可愛いなと思いました。
本人は戸惑ったみたいですけど声の低さも全然気にならなかったです。そして確かに漫画にしやすそうな顔だなと。
この話では「ヒロインの漫画描写の能力がずば抜けて高い」ということが大事なので、
いくらプロに頼んでも「あんまり特徴とらえてないな」って言われたらおしまいなんですよ。
そして、世の中には特徴を捉えやすい/捉えにくい顔というのが間違いなくあります。
もっと大多数が美少女って思う子はいると思うんですけど、この点においては確かに逸材だなと。
 
一応メインの主演は佐藤健さんってことなんだと思うんですが、物語上は神木隆之介さんとタッグを組んでいわゆるニコイチでやるわけなのでもっと神木さんの役に関しても描くものだと思ったんですがそこは残念ですね。
この原作が長いし濃いらしいのでどう切り取るか迷ったみたいなんですが確かに無駄なシーンと思うところはなかったから時間を伸ばす以外に対策ないかも。
エンドロールのあの手間は素晴らしい。エンドロール退屈しないので是非最後まで見ていって欲しいですね。
 
あと地味に日能研よく許可出したな、というか。いや、別に何も問題ないシーンだけど昨今の過剰な心配ブームだとNG出す可能性もありうるなと。
 
でさ、神木さんのヘッドホンって意味あった?