inf.(メインブログ)

*今後の予定*
2019/06/18 18:00~ あやちょ卒@九段下
2019/08/04 1*:00~ ロッキン@勝田

思い出のマーニー

はじめに申し上げておきます。この感想を読んで、
「おまえ内容全然覚えてないだろ」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
ちゃんと覚えております。ただ、それを書く方はたくさんいらっしゃるのでそちらにお任せです。
あと、ネタバレを隠しますがはてなダイアリーの隠す力がとても弱いために
ネタバレに触れてしまう可能性があります。その前に、素早く戻られることをおすすめします。
 
まず、アニメ作品を見るときに、これはジブリ特有なのかはわからないのですが、
一カットで全く動かないところをぼんやりしたタッチで描き、
動くところを明確にふちどりして描くので「あぁ、あそこが動いてあそこが動かないんだな」
ということがわかってしまう、というのがとても見ていて気になりました。
あの方法で描くことでなんらかのメリットがあるのか、かねてから不思議に思っておりました。
 
不思議といえば、この作品の感想に「百合」という視点を用いる人が少なくないこと。
そんなに世の中に百合好きが多いのか、ネットで声を上げる人に偏っているのか。
おいらは作品を通してみて、この作品に百合であるか否かは全く関係ないし重要でもないと感じました。
あれを見てそんな感想を呟く人は過度に毒されてるか、過度に思考が浅いかのどちらかだと思います。
ま、そんなにおいらの思考が深いと言える自信はどこにもないのですが。
 
おいらは風立ちぬを見たのでどうしても最近のジブリ作品として比較をしてしまったのですが、
個人的感想としては風立ちぬの方が好きですね。
ただ思い出のマーニーがダメということでは全然なく、二人の声優っぷりはむしろこちらのほうが良かった。
有村架純がどっちなのか正直わかってなかったくらい。
あんまり声優している人の顔が浮かばなかったのは助かりましたね。
 
そのうちテレビでやるとは思いますが、映画館でもたくさん上映していて満席はあんまりなさそうなので
気軽に見に行ってみてはいかがでしょうか。
 
P.S うまく文章を書こうと思ったけど無理でした。