inf.(メインブログ)note

*今後の予定*
2019/11/04 18:30~ アンジュコン@桜木町
2019/12/04 18:30~ J=Jコン@原宿

ブルーレイレコーダー BDZ-AT900簡易レビュー。

昨日届いたブルーレイレコーダーBDZ-AT900。

SONY 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー BDZ-AT900

SONY 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー BDZ-AT900

とりあえず今日までで使った感じを記しておきます。買おうか迷っている方への参考になれば。<容量:1TB>
1TBにしたのは、デジタル放送を録るなら普通DRモード(元の画質のまま録画)だろうと思ったわけです。
500GBだと、DRモードで地上デジタルが60時間も録画できないのは困る!という理由でした。
その前に使っていたDVDレコーダーは500GBだったので、いわゆるSD画質ではかなりの時間録画できていたので、その感覚に合わせると1TBは欲しいかな、と思いました。
でも、このレコーダーの標準画質はSRモードというもので、どうやら容量を抑えつつそれなりに綺麗に録れる、みたいなモードが基本になってるんです。
なので、モノは試しにSRモードで録画してみたところ、わりと違和感なく見れたというのが正直な感想です。
まぁ、AQUOSの26型亀山モデルでは表現力が他と比べてどうかというのはわからないんですが…。
というわけで結論:基本SRモード、映画とかライブ映像など、高画質で残したいものだけDRモードと使い分ける。
SRモードでこないだ初めて「一部荒い!」と思いました。どういうときに荒くなるのかパターンがまだ見えてません。
その辺はまたわかり次第追記したいと思います。<再生・録画機能>
その前のAQUOSレコーダーと違い、録画中にも番組予約ができたりします。
実は結構「ながら」作業ができるようになっているのにはびっくりしました。
ただ、録画番組が縦一列に並ぶ形は見慣れないと微妙と感じてしまうかもしれませんね。
一気に何番組も目次のように見たい人からするとスクロールして見る必要があるんです。
PSPとかソニーの製品を使ってる人にとっては結構馴染み深い方式でもあるのですが。<お出かけ転送>
これもこの機種を選んだ大きな理由です。PSPに転送ができる!
なにより、2時間くらいだったら、10分あれば転送できるんじゃないかってくらいの速度で転送してくれるので、
深夜や朝の録画した番組を家を出る前にPSPに入れといて、通勤時間や昼休みの時間に見ちゃえる!
そうすると家に帰ってからの自由時間が増える!というのは結構ありがたい話でございます。
PSPでの画質もよほど細かい部分を見たいわけでもなければ十分過ぎるほどの画質。
おすすめ。
ただ、そこそこの確率で「データ破損」になってしまい見れません…。
メモリースティックをフォーマットしなおしたりして様子見てるんですけど改善の様子もなく。
困ったなぁ。<キーワード予約>
おいらは今までのレコーダーにはなかった機能なのでヒット率も兼ねて調査。
ハロプロのグループ名と紺野さんの名前を入れておいて実験。
ちゃんと別に録画予約をしていなかったもえこんとザキ神は録画されてました。
これはなかなか便利な機能ですね。予約以外にも、キーワードに引っかかる番組を番組表から探して
表示することができるので、1週間後までの出演予定も把握することが出来ます。
今のところ十分合格点です。
ただ、これに頼りすぎるのは危ないかな、とも思うので、できるだけちゃんと予約するつもりです。