inf.(メインブログ)note

*今後の予定*
2019/11/04 18:30~ アンジュコン@桜木町
2019/12/04 18:30~ J=Jコン@原宿

小池徹平の真実

時は紀元前500年ごろ、今でいう南アフリカに一人の男の子が誕生した。
その子の美貌はほかとは比べ物にならないほど美しく、いつしか神の子として崇められはじめた。
彼が歩けば町の人々は手を合わせ、彼と目が合うとその日一日が幸せに過ごせるといわれていた。
人々は彼を新しい長にしようとしたが、彼は自分には長という役割はふさわしくないと辞退した。
彼は歌うことが好きだった。暇があればいつでも歌っていた。
その歌は彼のオリジナルであったが、いつしか町の人々に知れ渡っていた。
そしていつからか、朝の集会や結婚式では必ず彼の曲が歌われるようになっていった。
彼は残念ながら若くしてその命を失ったが、21世紀の今、その遠い子孫が芸能界で活躍しているという未確定情報が流れている。
昔と同じ、歌を歌う優れた美貌の青年として。
 
ということを電車で考えているぐらい、通勤途中は暇です(笑×3)