inf.(メインブログ)note

*今後の予定*
2019/11/04 18:30~ アンジュコン@桜木町
2019/12/04 18:30~ J=Jコン@原宿

またひとつ、おとなになった。

昨日は「アニムスアニマ」という映画の前夜祭なるものに足を運んできた。まったくもってどんなものか予想がつかない。ちょっとしたパーティーのような、でも映画鑑賞のような、なんかテレビで見る試写会のようなものを想像していた。
しかし、会場についてみると、ただのビル…えっ?まじで!?まぁ単館上映みたいだし、しゃーないか、うんうん…って納得できるわけねーだろー!なんだよこの青い部屋って!!!普通に地下ならいいよ、なんか変な置物あるし、ほんとに周り全部青く塗ってあるし…
で、中に入ると、変なシャンソンショーでもやりそうなつくり…ミラーボールがあって、ピアノと歌う場所があって…これ前夜祭やるところか???恐ろしく不安になった。私は主演の忍成修吾くんを見に行ったわけだが、(予定)とか書いてあるし、こんなトコに来るのか!?そして、その不安は開始直前に最高潮になる。なんとオカマ(この言い方はあまり正確ではないらしい)の人−梅垣義明を思い描いてもらうといいかもしれない−が出てきて女の人を従えて歌を歌いだした。その人はロメダ霧島というらしい。でも後ろの女の人がミスったりしていじるところなんかは手馴れてて面白い。さらにこの人はこの場所ではよく出てる人らしい。
そして前座が終わり、映画出演者によるトークショーに。もちろん先ほどの人も出ている。色物扱いだけど(笑)しかし忍成くんをはじめみんなあまり喋らず、ロメダちゃん(愛称らしい)がどんどん仕切っていく。で第1部が終わり、忍成くんはスケジュールの都合で退席。休憩時間に出演者が客とコミュニケーションを普通にとっている。ロメダちゃんは「あら〜ちゃん、またきてくれたのぉ〜?」などといっている。なんだこの空間は。俺はここにいていいのか???とりあえず相棒(id:minam)が他の出演者と会話してたので加わってみる。その間に、後ろの女の人の一人がロメちゃんの絵を書いている。なんだか知らないけれど、ちょっとずつこの空間が居心地がよくなっていってるのがわかった。
そしてトーク第二部。相変わらずのトークぶりだが、おばちゃんの合間の声や相棒のがっつきによってトークショーとしてありえない方向性になっていく。相棒の図太さには恐れ入る。プロデューサーにねずみ耳をつけさせ、トーク生茶パンダで返し…でもおもろい。こんな壊れた世界見たことない。ちょっとずつ快感になっていった。そして第二部も終わり、ロメちゃんによる人形劇(着ぐるみとの劇)というかミュージカル?をやっていく。めちゃめちゃおもろい。もうこの際アニムスアニマとかどうでもいい。なんだこの楽しい空間は。なんか麻薬に打たれたような感覚になっていく。
そして最後の女の人による詩の朗読(!!)。途中にバイオリンのブリッジをはさみながら進んでいく。あんな面白い一発芸を今まで見たことがない。マイクはぶつける、途中で豆を配る、そして本番が終わった後に客に後ろのファスナーが開いていることを注意される…面白すぎる…腹が痛い…あんな思い切り笑ったのはいつ振りだろう。本当に何もかも忘れて笑うことが出来ることはそうない。
最後にロメちゃんと写真を撮ってきた。そして話をした。なんだかあたたかい。何かは分からないけれど感動していた。なんかいままで気づかなかった何かが体から掘り起こされたようだった。その不思議な感情と笑いすぎたことで疲労がすごいことになっていた。
なので昨日はかけませんでした。ごめんなさい。
最後に、このロメちゃんは高円寺の円盤というところで毎月第4日曜日にショーをやっています。ハローやジャニーズに比べれば格段に安い値段で素晴らしいエンターテイメントが見れると思います。ぜひ足を運んでみてください。